2015年度卒業予定者向け 就活情報最前線

就職の悩み

 学生に教えることがタブーとされてきた就職活動の内定術を公開
  497社の採用活動を指導

 知られざる就職活動法の真実についてお伝えします
 

では実際に、志望企業から無事に内定が出た先輩達の嬉しい声をお聞きください。
 

就活は大学3年生の時から普通に始めていました が
その頃はまだ社会人になるイメージすら湧いていませんでした。

どこか有名な大学に行っているわけでもなく、成績も下の方。
サークルも幽霊部員で、大学ではバイトや麻雀ばかり。

だから、自己PRで書けるような内容があるはずもなく、
最初は履歴書やエントリーシートで山ほど足きりにあいました。

何とか書類が通るようになってきたと思ったら、今度は面接の壁。
集団面接やグループディスカッションで一緒だった人達は
「部長をやってました」とか「一人旅をしていました」とか、そんな猛者ばかり。

そんな経験を一切してこなかった自分自身が小さく見えてしまって
自信を失い、結局面接では連戦連敗。全然通りません。
「このままだとどこにも受からないのでは?」という不安が頭をよぎりました。

そんなとき、この就職活動法に出会い、ESと履歴書も添削してもらいました。
すると今まであれだけ苦労していた志望動機づくりや面接が
全く苦にならなくなり、どんどん次の選考に呼ばれるようになりました。

気づけば就職活動がとても楽しくなっていて、役員面接でもビビることなく
自分らしさを出せるようになり、内内定も出始めました。

そして、一番行きたかったメーカーから
同期で一番早く内定をもらうことができたのです。


大学時代、特に人に自慢できるような活動もしていなかったオレが、
まさか第一希望のメーカーから、しかも同期トップで内定をもらえるとは
思ってもみなかったです。

就職活動情報最前線「スゴイ内定術」体験談

 

就職活動を始めた時、全然自信がありませんでした。
 
自分のやりたいこともはっきりと決まってないし、
どういう業界があって、どんな仕事が自分に向いているかも 分からない。

大学の生協で買った就職本の通りに自己分析をしてみただけで、
自己PRの作り方 も、志望動機の作成 もよく分からない。

 
そんな私が、ちょっぴり自分に自信を持って就職活動をすることができ、
そして第一志望の会社から内定をもらえたのはこのテキストのおかげです。

本当に興味の持てる分野が見つかり
そこに適性があるかもしれないと分かった時の喜び、
それは就職活動が無事終了した今でも忘れることができません。


就職活動情報最前線「スゴイ内定術」体験談

 

今まで、学歴にコンプレックスを持っていま した。
「どこの大学に行ってるんですか?」と聞かれるたび、
答えるのにちゅうちょする自分がいました。

会社説明会でも、前の席で真っ先に質問をする学生は
「W大学の○○です」とか「K大学の◇◇です」とか、大学名を名乗っていましたが、
僕は大学名を名乗りたくないので、質問したくでもできませんでした。

学歴は関係ない、とかよく言われますが、それはキレイごと だと思います。

世の中の人たちは、ある程度学歴で人を判断しているのが現実だと思います。
親戚の集まりで、僕は「いい大学に行っていますね」と言われたためしがありません。

正直言って、こんな学歴コンプレクッスはもう持ちたくありませんでした。
だから、それを逆転するのは就職活動の時しかないと思って、
マニュアルに書かれている内容通り、就職活動に真剣に取り組みました。

説明会の日程を後ろに廻されるど、実際にイヤな事は少しありましたが、
一度面接にまでいってしまうと、教わった通り、学歴差別のようなものは
全く感じませんでした。むしろ大学名でライバルと差別化ができたくらいです。

ひそかに受験していた上場企業から内定をもらった後、母親にそのことを話したら
「え?あんたが?」と最初はえらく驚いていました。
その後で、「本当におめでとう」ととても祝福してくれました。

飲み会でも、今まで自分の経歴を言っても人に何とも言われたことがなかったのが、
自己紹介で「__内定者の田代です」と言うと
「へえー」と相手が興味を持ってくれるようになったのはとても嬉しいです。

“有名な企業で働く”ということが、こんなにも相手に印象を与えるもの だとは、
内定するまで知りませんでした。

就職活動で成功できて、本当によかったと思っています。
そして、それをサポートしてくれたマニュアルには本当に感謝しています。

就職活動情報最前線「スゴイ内定術」体験談


第一位に選ばれています!


実際に皆が第一志望企業からの内定を手にしました。



なぜ、今まで「内定を取れるかどうかすら不安」だった彼らが、
自信に満ち溢れて就職活動をするようになり、
志望企業から「うちに来てほしい」と言われるようになったのか?


その秘密をつつみ隠さず公開します。

 

はじめまして。
キャリアコンサルタントの仲田志信と申します。
 

10年以上前の自分自身の就職活動がきっかけで、
「個人の能力開発とキャリア形成の支援」が生涯のテーマとなり、

今も毎年1000人近くの就職希望者にアドバイスを行なっています。


去年も某企業のリクナビ原稿を作成するなど、
人事コンサルタントや採用責任者としての経験も長いですが、

私個人が「納得のいく仕事をしてキャリアを楽しく形成したい」タイプで、
戦略コンサルタント、事業会社の海外事業責任者、企業の経営者として
仕事をする中で、様々な立場から人材の採用に関わってきました

10代の時にリクルート社のHR部門で働いたり、アメリカのヘッドハンティング
会社で年収100万ドルの社長の採用プロジェクトに入っていたこともあります。


キャリアコンサルタント仲田志信のプロフィール


私がこのサイトを立ち上げた理由はとても単純です。


“就職活動でせっかくの将来を棒に振っている人があまりにも多いから

そして、満足のいく形で就職活動を終え、
社会人という次のステージへ駆け上がっていただくためです。


「でも、就職氷河期と言われているのに、内定を取るだけでも大変じゃ ないの…」
「人気の大手企業超有名企業は倍率が高くて、さ すがに無理なのでは…」
「実はまだ、本当にやりたい事が見えてないんです…」

という声が聞こえてきそうですが心配はいりません。


昨年も900人以上の方へキャリアアドバイスを行ないましたが、
私の所に相談に来ていた人達も、以下のような悩みを抱えていました。

「“自己分析が大事だ”って言われても、やり方も、なぜ必要なのかも分からない・・・」
エントリーシートが全く通過しない。今のままではどこにも受からない 気がする・・・
「面接での“自己アピール”が苦痛でたまらない。過去に自慢できる事などないから・・・」
「やっぱり、“一流大学”の学生にしか内定を出さない企業は、私には無理みたいだ・・・」


これらの悩みは、毎年就活シーズンに必ず出てきます。
しかし就職活動に対する“将来を見すえた考え方”“内定を取る具体的な方法”
マスターしていれば、決して恐れる必要はありません。


その理由をこれから説明したいと思います。


だからこそ、就職活動シーズンを迎え
自分の将来に対して他の誰よりも真剣に考えているあなたに対し、

現実を美化して“夢のある将来”だけを語るつもりはありません。

私は今日、一切のキレイごとを言わないつもりです。


あなたがうすうす感じているかもしれない就職活動における残酷な現実
それを楽しく乗り越える方法を、ストレートにお伝えします。

就活業界の残酷な現実

などなど…、どれも簡単には無視できない事実です。


まず、このサイトを読むことで今日あなたが手にするのは、
私がこれまで約500社の企業において導入を支援してきた、

「どのような学生を採用すれば良いのか?」
「どんな選考基準で、学生をどうやって評価すればよいのか?」

という、就活中の学生なら一度は知りたい、
採用側がひた隠しにして表に出さない採用基準の数々です。


就職サイトで爽やかに語っている企業の採用担当者が語る内容とは
明らかに異なる彼らの本音の数々…

中には、目をそむけたくなるようなムゴイ話もあるかもしれません。


「採用は全員、顔で選んでいるよ!」と言い放つ採用担当者も本当に実在します。

「この大学までをAランクで、ここまでの大学をCランクで」とランクを付け、
 そのランク順で説明会に学生を呼んでいる有名企業もたくさんあります。


企業にとっては“常識”でも、就活生にとっては“驚き”だったりします。

そんなリアルな現実も頭の片隅に入れつつ、このサイトで
自分らしく成功するための就職活動」について考えていただきたいと思います。



公式メールマガジン登録

受け取ってからのお楽しみ。プレゼントがたくさん詰まった、“内定”ゲットの秘訣です。
エントリーシートや面接の必勝法。決して損はさせない内容です。
お名前(ローマ字) ※
E-Mail ※

※大勢の人が見るページでは公開できないような秘密の話も 多数アリ。
まずは気軽に読んでみてください。登録解除もいつでも可能です。
** 実際のメルマガ読者の感想はコチラから読めます。 **

※登録したアドレスに、ワークショップの参加案内などをお送りします。無料 です。※


就職氷河期に就職活動をした経験



採用する側の仕組みを全て知り、そして過去10年以上にわたって
キャリア形成のアドバイスをしてきた今だからこそ

就職率が低い2015年こそ、志望企業からの内定が取りやすい

と断言できますし、それが真実だと知っています。


しかし私が学生だった時はそんなことには全く気づかず、
あなたと同様、手に入る情報だけを頼りに手探りでやっていました。


・パッと見て良さそうな“学生時代に頑張ったこと”の文章を就活雑誌から
 見つけてきて、400文字以内で収まるよう自分流にアレンジしてみたり、

内定した先輩のエントリーシートを入手して“志望動機”の良さ そうな
 ところだけをつまんでみたり

・模擬面接で他の学生が話している“自己PR”の使えそうな部分だけを
 メモっておき、あとで自分のアピールネタとして別の場所で話してみたり

…とまあ、他にも思いつく限り色々とやっていました。


しかし、なりふり構わず就職活動をしなくてはいけない事情もあったのです。


1994年から2003年にかけて、
有効求人倍率は1を切っています。

特に1998年~2002年にかけては、
有効求人倍率が0.5付近をさまよっており、

実は、私が就活をしていた1999年というのは
中でも最も就活が厳しいと言われていて、
「就職氷河期」を超えた「超就職氷河期」
と言われていた時代でした。

有効求人倍率は0.5を切っており、
ひとつ上の先輩からも「俺達も厳しかったのに、
それよりも厳しいとはなぁ。まあ頑張れや。」と

半ばあきらめたかのように言われたほど。



2015年卒の就職環境も、学生にとっては厳しいですが、
当時もまさにそんな状況だったのです。


救いを求めて入った就職スクールで・・・


そんな就職の超氷河期に私が選んだのは、
大学3年生の秋からマスコミ就職スクールに入学するという選択肢でした。

当時バリバリ就職準備をしていた同い年の彼女も行ってましたし、
小論文やESのまわし読みも役に立つだろう、と考えたからです。

超有名スクールとこじんまりとしたスクールの2つに通って月謝は4万円

学生にとっては決して安くない金額でしたが、
将来への投資
だと考え、思い切って決断しました。


しかし、ヘルプを求めて就職スクールに通っているのにも関わらず、
逆に私はどんどん不安が膨らんでいくのに気づきました。

周りの「マスコミに就職したい!」という学生たちとの
“情熱のギャップ”を日に日に感じるようになったからです。

特に自分が「こうなりたい」という具体的なイメージを持っていないため
エントリーシートの志望動機欄に書く内容が全く思いつきません。


みんなは“自分のキャッチフレーズ”を作ったり、
絵と写真が満載の作りこまれたエントリーシートを用意したり、
面接における一発ネタを準備したり、と余念がありませんでした。

私一人、そんな仲間と一向に準備が進まない自分を比較してただただ焦っていました。


でも、もともと情熱がないところに火をつけようとするほど難しいことはありません。

年明けには選考が始まりましたが、不完全な書類を提出しても結果は見えていました。
書類選考や1次面接で敗退を繰り返し、
応募できる手持ちの企業を全て失ってしまったのです。



“心の底からやりたいこと”に気づくという感覚


書類や面接で落とされるとヘコみます。
まるで自分のこれまでの人生を否定されているんじゃないかとすら感じます。

しかも、応募企業全てから落とされて手持ちの駒がなくなってしまうと、
「内定が出ないかもしれない」という焦りが膨らみ、
手当たり次第何でもいいから応募しちゃえ、という心理すら働いてしまうのです。

一括応募しすぎて、リクナビのメール受信欄が
ごちゃごちゃになり身動きできなくなったこともありました。


そこまで自分を見失っていた私の「就職活動の流れ」が完全に変わった のは、
たまたま参加した2時間のキャリアセミナーがきっかけでした。

“キャリアセミナー


学生がメインではなく、社会人向けのセミナーです。
会社の中で何年も揉まれて、今後のキャリアについて悩んでいる人が対象です。

だからこそ就活の無料セミナーで普段聞く内容とは全くリアルさが違いました。
就職氷河期ですから、転職の世界はもっとシビアだったのです。

よくある“就職コンサルタント”が語る一般的でお行儀のいい就活論は一切なし。
一度社会に出るとこんなに厳しい世界が待っているのか、と痛感しました。


特に、ビジネスで成功した超有名ゲストスピーカーの話は刺激的でした。

“就職したい”と思った時点で既に負け。会社と50/50で勝負していける人が企業の雇いたい 人」
「日本だけの枠で考えない。世の中にはいろんな人がいる。その中で“自分らしい”ところを探す」
「人間はいつか死ぬ。1度きりの人生なのに、自分のやりたい事を仕事にしなくていいのか?
「才能がある奴にぶつかると、逃げではなくて本当の自分の才能に気づく」
「“絶対やり切る”という意識を持つのがプロ。就職活動においてもプロになることが必要


今でこそ私にとっては当たり前の内容ですが、
学生だった当時はガーンと頭をハンマーで殴られたぐらい衝撃的でした。


なぜなら、それまでの私がやっていたのは・・・


人の“いいところ取り”の自己PR

「自己アピールしてください」という質問に備えるために、
本や掲示板などから自己PRの例文を探してきて
良さそうな所を参考に自分の自己PRを作っていました。

この方法で作った自己PRにはある特徴があるので
ちょっと訓練された採用担当者には、瞬時に見抜かれるとも知らず・・・



無理やり作った、つなぎ合わせの志望動機

「私は学生時代に●●をしていました。
 そこで出会った御社の○○に感動し、是非御社で働きたいと思いました。
 私の強みは■■で、□□という点で御社に貢献できると考えます。」
というパターンで作っていました。

自分がある程度詳しい業界であれば、●●や○○は埋められますが
実は興味のない業界だったりするとそれすら思い浮かびません。

そのために、業界本を読んだり、他人が書いた志望動機を拝借して
つなぎ合わせていました。

結果として、全然思ってもいないことを無理やり書くことになり
全然心が入っていない志望動機が出来上がりました。

採用する側からすると志望動機こそまさに一瞬にして学生を選考から落とす
ことのできる項目だと知らずに・・・



何も戦略を持たずに作っていたエントリーシート

記入欄がいっぱいあるエントリーシートを見るために、
「げっ、こんなに書かないといけないのか」とイヤな気持ちになっていました。

何の戦略も持たず、ひとつひとつその場で聞かれた質問に答えていたため、
とにかくひとつ作るのにすごく時間がかかっていたのです。

結果として、提出に間に合わなかったり、
そもそも記入欄が少ない企業から順に書類を提出したりしていました。


実はエントリーシートこそ、面倒な難関ではなく、
全体構造を理解して自分の「型」を作ってしまえば、時間もかからず それだけで他のライバルと大きな差をつけられるチャンスなのだと知らずに・・・



間違った方法でひたすら面接の練習

就職スクールでは、自分の面接している姿をカメラで撮ってもらい
その姿を分析したりしていました。

また、同じ就活生同時で面接官と受験生の役を交互にやる、
いわゆる模擬面接もいっぱいこなしました。

でも、いつも「こんな練習でいいのかな?」と不安に思っていました。
本番で果たして役に立つのだろうかと・・・

このおかげで自分の面接に変な癖がつき、最初に出てくる若手社員には
バレなくても、面接慣れしたベテラン社員にそれを見抜かれ

“素”の姿、着飾っていないありのままの実力を見極めようと
変則的な面接をされ、結果的に面接も難しくなって選考に落ちる可能性が
高くなっていたと分かったのは、だいぶ後になってからのことでした・・・



今だから話せますが、こんな恥ずかしい事ばかりしていたのです。
これでは選考に通りませんし、就活が楽しくないのも当然です。


キャリアセミナーに参加して「自分に正直になろう」と決心したことで、
初めて私は“自分が心の底からやりたい事”に気づくことができ、
その後“内定ハンター”への道を歩んでいくことになります。


“


何か自分にとってショックなことが起きた時、ヒトは初めて意識改革できると言いますが、

私の場合、セミナーがきっかけで自分の心にウソをつきながら就職活動するのをやめ、
興味がないのに無理やり興味があるフリをするのをやめようと、と心に誓いました。


そしてある日、“選考を通過するか/しないか“を左右する最大の要素に気づいたのです。
その時の「これだ!!」という興奮は今でも昨日のことのように覚えています。

その日を境に、私の選考通過率はケタ違いに上がりだし、やがて
1社からトップ内定が出た途端、次から次へと企業からの内定通知が来るようになりました。


第一志望群から6つ内定が出たところで、真剣に検討に入るために
残りは全て辞退しましたが

「就職活動のカラクリ」を身をもって知った瞬間でもありました。


“新卒入社時に働いていたビル


そのせいか、大学4年生の時には、現在も人気がある某就職サイトから
私の就活の成功体験をもとに、ひとつ下の大学3年生の就活の悩み相談に
のってほしいという仕事の依頼(意外と高額バイトです!)がきて、

就職サイトの進路相談コーナーにて就活のアドバイスをするまでになりました。


他にも、親しい後輩には直接アドバイスしたのですが、

それまで就職活動に不安がいっぱいだった3年生達が
自信を持って就活に取り組むようになり、マスコミや銀行、
商社やメーカーなど、第一志望企業に全員が内定したのです!

当時はまだ自分の就活経験しかなく、理論的にも不足していたのに
アドバイスした後輩全員が第一志望に内定したので、むしろ私自身がビックリしました。


この経験が、今のキャリアコンサルタントとしての私の原点となっています。


“就活で人生が変わる


その後、社会人になってからも、転職したりMBA留学したり
会社を経営したりと、自分自身のキャリアを見つめてきました。

一方で、日本やアメリカでの採用の経験も交えて
就職や転職などキャリアに関するアドバイスや講演を毎年続けてきました。

そんな中、思うことがあります。


“就職活動を経て、自分の人生は変わった

アメリカでヘッドハンティング会社にいた頃、年収100万ドルの
エグゼクティブ採用プロジェクトにも関わりましたが

その時も、候補者たちの経歴をチェックしていて、

「やはりキャリア形成で最も重要なのは学校を卒業して一番最初に就く仕事だ
と、実感しました。


今までどんな生活を送ってきたかは関係ありません。
「就活の時期に、それらの過去を一気にひっくり返すことができるからです。


ここに、ひとつはっきりしているデータがあります。

それは、

就活としっかり向き合い、試行錯誤しながら就職活動をし、
納得できる結果を出してきた人達の方が
社会人になっても満足のいくキャリアを積めている

というデータです。


第一志望の企業に無事入社し、4年目をむかえた社会人のリアルな声をお聞きください。

 

私は4年前に仲田さんからキャリアについてアドバイ スを受けたのですが、
その時に教わった考え方が、実は今でも生きています。

大学4回生になる直前に某大手居酒屋チェーンの人事の方と意気投合し
すぐ内定が出たため就職活動をやめていたのですが、自分の今後について
色々と悩んだ結果、もう少し就職活動を頑張ろう 、と再開することにしました。

内定者懇親会にも出席していたので色々な方にご迷惑をおかけしましたが
でも、あの時妥協せず「本当にやりたいこと」に向き合えたのは大きかったです。

同期となる予定だったその時の友達とは今でも時々会いますが、 たった3年でここまで仕事環境や生活スタイルが違ってしまうとは思いませんでした。

あの時就職活動を真剣にやっていなかったら、、、と思うとゾッとします。 。

一度就職活動をやめていたのにすぐ周りの友人達に追いつけたのは、
仲田さんから結果にすぐ結びつく就職活動のやり方を教わったからです。

正直、「内定ってこんなに楽に取れるものなんだ!」と驚きました。

うちの会社は中途採用にも積極的なため、転職組の方ともよく話しますが、
仕事のできる人は就職時にしっかりと考えて活動してきた方に多いと感じます。

転職活動は、就職活動に較べてやることも多く、ライバルも増えるわけですから
やっぱり社会人の第一歩となる就職活動を頑張っておく方が絶対いいですよね!

就職活動情報最前線「スゴイ内定術」体験談


コンサルティングファームの場合、新卒と中途が交じることが多く
仕事がデキる人とデキない人の差が見えやすいです。  

しかしそれ以外のどんな業種でも、実は25~28歳くらいになると
大学では差がなかったはずの友人と
社会に出てから随分と差がついてしまったように感じることが多いです。  


・能力はほぼ同じだったはずなのに、
 3年後の年収で200万円違っているという格差

・同じ大学同じゼミ出身なのに、
 就職先が違うだけで3年後に市場価値で大差がついている事実


このリアルな差は、さかのぼると学生時代に就活をいかに上手にやったか と関連しているのです。  


プレゼントが満載!就職活動“内定”獲得の秘訣をメールで無料配信中。
選考に通過する志望動機や自己PRを書くコツ。一般公開できない裏話も多数アリ。
お名前(ローマ字) ※
E-Mail ※


※分かりやすいので「読む面倒」は一切ナシ。登録解除もいつでも可能です。
** 実際のメルマガ読者の感想はコチラから読めます。 **


“2015年度の就職活動で広がる格差


企業の規模や業種は関係ありません。
就職活動によって生じた差は、将来もっと露骨に大きくなって現れてきます。


そして、この差が最も出やすいのが、いわゆる超就職氷河期と言われる今年です。

なぜなら、特に2015年度は企業の採用コストが削られているため
他の学生より頭ひとつ高い可能性と熱意をじっくりと見極めようとするからです。

今までに1,000人を超える人事部長、経営者、採用担当者と「新卒採用」について
本音で語り合ってきましたが、今年は本当に各社が慎重になっています。


では、このように極端な就職状況の今年はあなたにとって「貧乏くじの年」なのか?


私はそうは思いません。むしろ逆です。

就職率が低い2015年こそ、志望企業からの内定が取りやすい
と言えるのです。

就職氷河期だからこそ!!内定を勝ち取るチャンス?!


「そんなバカな!?」
と思われたかもしれません。

しかし、最初にもお話しましたが、

就職活動に対する“将来を見すえた考え方”
“内定を取る具体的な方法”をマスターしていれば、

逆にチャンスにする事が出来ます


なぜなら、この「就職氷河期」という言葉の影響力で
焦るあまり「自分を見失ったまま就活する学生」がさらに増えるからです。


実際に、あなたの1年上の先輩の就職活動ではこんな事が起こりました。


世界的な不況で企業は採用数を減らし始めたため、学生は就職への不安を覚え
「とりあえず内定」という意識が例年になく高まりました。

そして、多くの学生が1社でも多くエントリーし、説明会にひたすら参加しまくるといった
過度な「内定取得目的」の就活をするようになったのです。

多くの企業が例年にないほど、じっくりと学生を選考するスタイルに移行した事に気付かず…

その結果…

自分のやりたい事も入りたい会社もあいまいなまま行動した学生の多くが、
小手先の技術に頼り、それを企業に全て見透かされ、
結局就職に失敗するというケースが続出したのです。


要するに採用側から見て

「また、このタイプの学生か…。」
「いい加減うんざりだ…。」

と飽き飽きさせてしまうような学生が極端に増えたのです。


ある一流企業の採用担当は、面接で学生が何を話してくるのか
100%予測できるようになったと言います。

「成長したいと思います。」
「人を喜ばすのが大好きです。」
「社会に貢献したいです。」

これでは他の人と全く差がないので確かにキツイですね


去年よりも状況がさらに厳しいと言われる2015年新卒。

ですから、今年は去年以上に、焦って「自分を見失ったまま就活する学生」
さらに多く登場し、同じ失敗を体験する事は目に見える事実です。

だからこそ、多くの人が読む就活本にあるような「一般的な方法」だけにこだわらず
あなたの素晴らしさを表現できるような、上手な就職活動をできるかどうか
大きな差がついてくるのです。


本を片手に、無理やり自己分析をして自分に嘘をついても仕方ありません。
先輩訪問や自己PR特訓など、がむしゃらな努力をしても報われません。

本来、魅力的なあなたが採用側に「つまらない学生」と思われてしまうこと。
これが本当に勿体ないのです。


就職氷河期というチャンスをあなたが掴み取るための3ステップ


たった3ステップで内定ゲット?!


とはいっても、実際にどうすればよいのか?


今までの学生生活であまり就職を意識せず、
普通の学生生活を送ってきたのに
周りの人達を一気に追い抜き選考に受かる
にはどうすればいいのか?


先が全く見えない中でエントリーだけはしているが
今の自分のままで本当に内定をもらう事ができるものなのか?


あなたは就職活動をしながらこのような不安を感じているかもしれません。


でも、ちょっと待って下さい。

これまで10年以上、就職活動で成功したい人達へアドバイスしてきましたが、
数多くの内定者を指導してきて、はっきりと言えることがあります。

それは、今までどんな学生生活を送ってきたとしても
就活の重要な“3つのポイント”をしっかり押さえれば内定は取れるという事実です。


この就活法に難しいことは何一つありません。
しかも、その日からすぐに就職活動の結果に違いが出てきます。


一言でいうと、次の通りに進めるだけです。

内定を取るための3ステップ

実にシンプルです。


たったこれさえできれば

志望企業から内定を取ることが可能になります。


これなら、あなたも楽しく取り組めそうだと思いませんか?

内定をとるコツさえ分かってしまえば、就活が楽しくてたまらなくなって きます
「これをマスターしているかどうかで、将来に大きな差がつく」といっても
言い過ぎではありません。


内定が出ないままずっと就活を続けるのは精神的にかなりキツイですが、
早い段階で志望企業から内定が出て、満足のうちに就活を終わらせることができたら、
残りの大学生活を有意義に過ごすことができます。

内定通知を受け取った時、「ああ、大学に行っていて本当に良かった!」と
あなたは心の底から実感すると思います。自然とガッツポーズが出るかもしれません。



就活の掲示板や無料の就職セミナーなど、情報があふれている世の中で、
間違った情報に惑わされることなく選考に突破するポイント
確実に押さえていった人達が志望企業から内定を受け取っているのです。



学校を卒業した次の進路、というのは人生において特に重要であり、
あなたにも最高の結果を手にしてほしいと、心から思っています。


そこで、過去10年以上に渡り、実際に指導してきた内容のうち
最も効果が高かった具体的な方法だけを2015年卒業予定向けにまとめました。


その一部をご紹介すると、


「勝ち組学生のスゴイ内定術」一部公開
「勝ち組学生のスゴイ内定術」一部公開
「勝ち組学生のスゴイ内定術」一部公開

採用担当者が会ってみたいと思うエントリーシートの作り方

あなたのことを知っている人でさえも 「面白い。是非この人に会ってみたい」と思ってしまうほど、
魅力的なエントリーシートを作成する方法です。

書く中身を今思いつかなくても大丈夫。
エントリーシートで出題される内容を徹底的に分析し 各質問に対する的確な答え方を知ることで、

採用担当者の心をわし掴みにする応募資料を作ることが可能になります。
 

面接合格者と不合格者の違い。面接にいつも通る人はあの場で一体何を話しているの

か?

面接に合格する人達にはある共通項があります。

それが何かを知り自分のモノにすれば
あなたが口下手であろうと緊張しやすい人であろうと、関係ありません。

あなたの魅力と熱意が相手に伝わり、面接に合格する可能性が高まります。
 

100%選考を通過できる、“最強の志望動機”とは

「志望動機を作るのが難しい」という声をよく聞きます。

しかし、今志望動機が作れない原因を分析しその対策を立てれば、
説得力のある志望動機を作ることは簡単にできます。

まずはお手本となる最強の志望動機がありますので、その構造を分析しながら
あなたならではの「絶対に不合格にならない」志望動機の作り方を解説します。
 

“夢”がないとダメですか?「夢コンプレックス」解消法

“夢”を持つことは大事ですが、それが就活で成功する必要条件ではありません。
それより無理やり“夢”を作りあげることの方がよっぽど問題です。

「あなたの夢は何ですか?」という質問にまだ答えられない人は
どうすればいいのか、その考え方を伝授します。
 

誰でも気楽にできるシンプルな自己分析の技術

自己分析は“正しいやり方”をしないと、いくら時間をかけても全く意味がありません。
ただ自己分析シートだけをやっても使えないのです。

ここでは、内定に直結するポイントを重点的におさえた
“正しい順序”での自己分析法を分かりやすく解説し、
それをいかにエントリーシートや面接で使うのかを具体的にお見せしましょう。
 

あなたの“強み”と“個性“を的確に知るやり方とは?

「自分の強みがわからない」「自分の個性ってなんだ?」と悩んでしまった人が
その確かな答を得られる強力な手段があります。

これは米国MBAスクールの「セルフマネジメントクラス」でも教えられている方法です。
 

皆カン違い。“自己PR”における間違いを犯さない秘訣

「自己PRしてください」という質問に真っすぐ答えようと苦しんでいる人を見かけます。
無理なトークをしたり、パフォーマンスをやっちゃったり・・・。

こんな間違いを犯さないよう、企業が本当はあなたの何を見たがっているのか、
採用する側の視点から解説します。

そうすればシチュエーションごとに何をどう答えればいいのか分かると思います。
 

心から“やりたいこと”や“興味のある仕事”に気づく方法

心の底からやりたいと思うことが見つからない!と悩んでいる人に朗報があります。
あなたが本当に興味があって仕事にしたいのはどんな事か?

そのイメージがクリアになるまで、色々な手法を使い、具体的な例を挙げながら、
様々な角度から考察していきます。とても大事なことですから、手を抜きません。
 

“履歴書”の作成にて押さえておくべきポイントとは?

エントリーシートとは全く位置づけや提出目的が異なる履歴書

勝てる履歴書フォーマット選びからスタートし、内容や表現方法におけるテクニックを
知っておくことで無駄な失点をしないようにしましょう。

そしてこれは、社会人になってからもずっと使える内容でもあります。
 

グループディスカッション・グループ選考会の必勝法

グループの中におけるあなたの行動や言論を見て評価が決まるグループ型の選考会。
そこには“選考に通過する人”“通過できない人”の2者しか存在 しません。

まずは各選考が「いつ、あなたのどこを見ているか」を具体的に説明します。

そしてあなたには“通過する人”のグループに入るための行動パターン
マスターしていただきます。
 

学歴差をはね返し面接に進むための、最後のひと押しの技

学歴、これまでの経験ほか、一見するとあなたよりも厳しそうな条件であるにも関わらず
あなたよりも早く次の選考に呼ばれている人が使っている裏ワザとは?

これを知れば、ちょっとした工夫であなたのイメージをあげることにもつながります。
 

必ず事前にもっておきたい、“会社選びの基準”の確立

エントリーシートや面接で聞かれた時に意外に困る「あなたの会社選びの基準」。
まだ社会人経験がないから仕方がないか?いや、そんなことはありません。

今だけでなく、社会人になってからも使える会社選びの基準をお渡ししますので、
まずはそれを元に、今のあなたが必要とする入社基準を構築していただきます。

これがないと、入社する時に軸がぶれて大変なことになりかねません。
 


一般の就活サイトや掲示板には書かれていないような内容ばかりを
取り扱っていますが、これはまだほんの序の口です。

エントリーシートやグループ選考会、面接についても、具体的にど

のような戦略で突破すれば良いかを公開します。

あなたが今回手に入れる実践ノウハウは、
まだまだ、こんなものではありません。


自己分析エントリーシートだけでなく、
面接グループ選考、そして内定受諾 まで、全体を通して
具体的にどのような戦略で突破すれば良いかを公開します。


面接官があなたを次へ進めたいと思う、自然なトークとは

面接において面接官が知りたい内容というのは、実は決まっています。
それを構造的に分解し、各パートに対して分かりやすい回答を用意しておくことが重要です。

不慣れな面接官であっても、あなたがポイントを押さえて「つながりのある」話をすることで、
満足度が高まり、あなたへの信頼感も増すため、自然に次の選考へと進めてもらえます。
 

面接官の心をつかむ笑顔の練習法

もし日頃から「もっと笑った方が良いよ」と言われているとしたら、
笑顔が足りずに面接で損をしている可能性があります。

とは言え、就活で必要なのは作り笑いではなく、自然な笑顔。

わずか2秒でどこでも気軽に笑顔の練習ができる方法を教えます。
 

面接合格率を高めるテクニック集

面接では話す内容がとその表現方法が一番大切ですが、
他にも知っておくと役に立つこともあります。

例えば“どうしても質問が浮かばなかった時にトライしてみること”
“答えにくい質問への対処法”“電車の中でできる簡単な面接の練習法”など、
面接に役立つ実践的なテクニックの数々を紹介します。
 

就職活動を“思いきり楽しむ”ためのマインドセット(心構え)

就職活動をただツライものだと考えていたら企業や面接官にもそれが伝わります。

「また落ちたらどうしよう」といったマイナス思考が、「次の選考が楽しみで仕方ない
というプラス思考へと劇的に変化する幸せを味わってください。
 

今まで経験したことのない変わった選考会への対処法とは

グループディスカッションなどは20年以上前からの手法であり、
企業も新しい選考手法を取り入れてくることがあります。
しかし目的やその本質的構造にはそんなに違いがありません。

どんな変わった選考会でもあなたがいいパフォーマンスが発揮できるように訓練します。
 

面接を沢山練習してもそれが評価されない本当の理由

自己PRをどれだけ作りこんでも、面接本に書かれている質問への回答例をどれだけ
暗記しても、ピントがずれていたらそれは無駄な努力であるとしか言いようがありません。

まずは面接の本質を理解する事が先決です
 

「選ばれる立場」から「選ぶ立場」へ。あなたの価値が高まる一言とは?

面接はナマモノなので、面接官が主導する時もあれば、あなたが主導する時もあります。
ただ、失敗を重ねて面接官とあなたの力関係を悪くすることだけは避けなければなりません

あなたの価値が高まる話をし、立場を優位にするにはコツがあります。
 

就活の“勝ち組”にあって“負け組”にはない共通の要素とは

就職活動で成功した人達には、ある共通した特徴があります。
それが、就職活動がうまくいかずに終了してしまった人との大きな違いです。

あなたが就活で勝ち組になるために知っておいて損はない内容です。
 

自分が“やりたいこと”を仕事に結びつけるためのスキルとは

やりたいことはあるけど、それを仕事にするのは別の話だろ?と否定的になる人がいても
仕方のない話です。今までそう教えられてきたのですから。

ただしここでは、そういった“常識”を打ち破り、
自分の興味を仕事と結びつけるための理論と必要なスキルを学びます。
 

入社する前に確認しておくべきポイントとその調べ方とは?

内定はもらったが実はちょっとアヤしい企業(ブラック企業)かもしれない、
と感じたら要注意です。

内定を受諾する前に、あなたがこれから働く職場が本当に大丈夫かどうか
調べる方法について説明します。

内定切りに合わないためにも必須の知識です。
 

この兆候を見逃すな!就活中に分かる危ない会社の特徴

選考プロセスというのは、会社が学生を評価する場であると同時に、
学生が会社のことを知る場でもあります。

もしその過程で入手した情報から危険なサインを読みとれたら注意しましょう。
あなたの将来を棒に振ってはいけません。
 

“複数内定”をとるための考え方

業界にまたがってなぜあの人は複数内定を取れるんだろう?と今後あなたは
不思議に思うかもしれません。ただ、複数内定をとる人にはある共通項があります。

内定は数ではなく質」ですが、あなたの第一志望企業から内定を取るた めに
複数内定を持っている方が有利なこともあるでしょう。その考え方をお話しします。
 



以上、ごく一部ではありますがご紹介しました。


ここで紹介した実践ノウハウは、
既に先輩達が就活において高い実績を出してきた、再現性の高い方法です。

あなたに必要なのは、この実践ノウハウを無理に暗記する事ではありません。
ただ、コンセプトを理解し行動にうつす事です。

それだけで、あなたは内定を取る事が意外に簡単である事実に気付くはずです。



志望企業からの内定をもらえる3つの理由


“10年以上にわたり、多くの就活生がこの方法を使って実際に志望企業からの内定を手にし

ました。

今までのべ10年以上に渡って、この就職活動法をアドバイスしてきました。

全員の内定先を追跡はしていませんが、把握できている限り、実際に満足できる
内定を得られなかったのは全体の2~3%にすぎないというデータが残っています。

全ての就職活動中の人に共通して言えることですが、
この方法を忠実に実践していただければ、
自然と内定をもらいやすい考え方と行動力が身についていきます。

この10年間の実績がそれを証明しています。


その2:このスゴイ内定術は、誰でも簡単に実践できます

この“スゴイ内定術”を実践するにあたり、難しい知識や難しい方法は
一切出てこないようになっています。

また、マニュアルの中に就職活動においてやっていくべきことが
ステップバイステップで書かれているので、誰でも非常に簡単に行えます

どこの学校に通っているか、ということも関係ありません。
これまでどんな学生生活を送ってきたかということも関係ありません。

もし今あなたが、企業へのエントリーなどでどんなに忙しいとしても、
隙間時間をみつけ、一つ一つ実践していくことにより、
内定に近づいていくことができるのです。


今までの就活本とは全く深さの違う、とても効果的な方法です

これまでに、多額のお金をかけて就職セミナーに通ってみたり、
就職活動経験者のアドバイスを取り入れてみたり、本をたくさん読んでみたり、
それでも全然先へ進めないという人もいると思います。

もし、あなたもその中の一人だとしたらご安心ください。
お伝えする内容は、そういった世間一般的なものとは内容の深さが違います



では、この「スゴイ内定術」プログラムの価格はというと・・・

その前に今回はあなたに安心して実践していただくために
もっと内定率を高くできないかと考え、万全の体制を整えることにしました。


“勝ち組学生のスゴイ内定術”に申込むと全員に無料プレゼントが付いてくる
無料ワークショップと豪華特典であなたの内定を強烈にバックアップさせていただきます

。

“勝ち組学生のスゴイ内定術”に書かれている内容とその目的を理解し、
そのまま就職活動で実践すれば、あなたは十分に内定を獲得できます。


しかし、就職活動は生き物です。

もし、頑張っているのに選考に通過できていなければ、そのやり方を思いきって捨てて
あなたの「合格する型」を作る必要があります。


また、面接やグループディスカッションなど、実際の行動が必要なものは、
文字を読むだけで理解して実践するのは難しい場合があります。

ですから、内定獲得ノウハウを単なる“知識”とせず、就活で実際に使えるようにすることが
あなたが理想の内定を手に入れる一番の近道なのです。



そのために、今回、 無料でワークショップを開催してフォローすることにしました。
(※参加ができなくても、リアルな内容が受け取れるようにしました)


ワークショップでは、このような公の場では話せない暴露話もしつつ、
あなたが就活で最も内定に近づくための内容を実践的にアドバイスします。


無料ワークショップで内定率、更にアップ!!


具体的に、この無料ワークショップで、あなたが何を体験するかと言うと…

無料ワークショップの内容


上記はあくまで一部ですが、

このように「就職活動で成功するための方法」に特化した内容
あなたは随時開催される ワークショップにて手に入れる事ができるのです。

もちろん、参加は強制でも何でもありません。

気が向いた時、もしくはなにか必要な時に参加する形で構いません。
既に会場をある程度押さえていますので、都合が合えば参加してほしいと思います。

短時間で無料添削。エントリーシートや履歴書を添削します。


楽しく就活をする方がいい結果につながるので、堅苦しいものは行ないません。
まずは気軽に参加して頂きたいと思っています。

また、このワークショップを通して、あなたは

ただ内定を獲得するだけでなく、仲間も手に入れる事が出来ます。


「就職活動」というフィールドで出会った友とは、社会人になった後もつながっている
ケースが多く、実際、私にも就活で知り合った“一生つきあえる仲間”が沢山います。

同じ目標、同じ悩みを抱える仲間だからこそお互いにとって良い刺激が生まれる事があります

「就活がうまくいかなくてちょっとヘコんじゃった」という時でも、
よき理解者がいれば、明日へのモチベーションを高める事が出来ます。

そして、実際の就職活動で得た、生きた情報をお互いにシェアする事は、
内定を取りに行く上で最強の武器になるのです。


場所や日程の関係でワークショップに参加できなくても、心配は無用です。
そんなことで損はさせません。

ワークショップで話した内容は、音声もしくは映像にて
“スゴイ内定術”ユーザー全員にお届けします。



従って、内定率97.8%の就活ノウハウに加えて、
ワークショップやメールセミナーで背中を押されることで

あなたは…


無料ワークショップのメリット


もう、「内定が出なかったらどうしよう」と焦る必要はありません。

しっかりと“合格する方法”を知り、確実に内定を獲得する力を身につけることができるのです。


今すぐ、楽しい社会人生活への第一歩を踏み出してください。


晴れて社会人へ。内定を勝ち取ったみんなの喜びの顔。

ただ、ここまで読んで、
「ワークショップも多いし、高額なプログラムだろうな…」と思ったもしれませんね。

確かに、この形態は、いわゆる「就職系の予備校やスクール」と同じシステムです。
普通なら、入会金+月謝の形式で、トータルで軽く10万円は超えてしまうでしょう。


そして、この就活プログラムには、

これまで何百社の企業の採用に関わってきた現場での経験が詰まっています。
日本と米国で学んだ「人の採用と教育」に関する視点も含みます。

つまりキャリアコンサルティング人事採用の経験がない講師が教え るスクール
では伝えられない内容を入れて、それ以上の価値を加えています


11年前、実際に通っていた就職スクールは総額で15万円くらいでしたが、
それ以上の価値は提供できていると個人的には思っています。
私が通常の個別アドバイスで1週間かけて伝える内容を全部盛り込みました。


あなたは、この就職プログラムにいくらの価値を付けますか?


特に、就職活動の場合は、最初に就く仕事でその後の人生が違ってきて
社会に出てから数年後に年収で200~300万円は差が出ますから、

その10分の1以下の投資は安いと考える学生も実際にたくさんいます。

(ライバルが増えてしまうので、就職スクールに行っていることを
 友人にも話していない人が最近増えています・・・特に競争の厳しい業界では)


でも私は“本気で就活を頑張りたい”学生が、現実的に手に取れる価格に
したかったので、プログラム卒業生達へアンケートを取りました。


将来の役に立つ就職活動方法を盛り込んだこの就職プログラム。

そのアンケート結果は業界の“価格破壊”を起こすものでしたが、
私も腹を決め、本プログラムを29,800円(税込)のみで提供することにしました。


もしかしたら、中には「高い!」と思われる方もいるかもしれませんが、
マニュアルやワークショップのコンテンツ、そして全ての保証を含んでいます。 

この価格が妥当かどうかはあなた自身が判断し、参加を決めて欲しいと思います。


ただ、少し冷静に計算してみると、
就職活動に「投資」した効果はどのように表れるでしょうか。

希望通りの内定を早くもらうことで、交通費や交際費など
就活に出ていく出費が抑えられます

就活に費やさなくて済んだ数週間分という“浮いた時間”
残りの学生生活を満喫できます。

そして何より「内定を取らなければ」というプレッシャーから
解放されたことが大きい
と、みな口を揃えて言います。


この方法を知ることで、就活にかかる物質的・精神的な負担
どれだけ減らせるのか、あなたは既にその価値に気付いているかもしれません。


毎年1000人以上のキャリア支援をしている立場から言わせていただくなら、

将来の年収で200万円の差、といった金銭的な部分も大きいですが、

自分が心の底からやりたい仕事と出会い、理想的な職場から内定をもらっ て、
イキイキと働くことができることの価値も考えてほしいと思います。

きっとこの「スゴイ内定術」プログラムを実践することで、
あなたは自分の将来の可能性を実感できるでしょう。



突然ですが、
ワークショップウィーク緊急キャンペーン!


就職活動シーズンにおいて、今が一番“勝負どころ”なので、
「スゴイ内定術」ではワークショップを集中的に実施しています。

心構え、エントリーシート、履歴書、面接、その他・・・
参加できなくとも、その内容を後で手にいれたら内定獲得の役に立ちます。

悩んで悩んで、選考で全滅して、文字通り就職活動に行き詰まってから
参加してくる人も毎年出てきますが、
ワークショップを集中開催しているこの時期からプログラムに参加した方が内定しやすい!

その思いから、現在特別キャンペーンをしています。

今、この場で「よし、私も本気で納得のいく内定を取るぞ!」と決意していただいた方、
先着50名様のみ、29,800円→半額の14,800円でお渡しします。
 残りわずか                ※規定数に達し次第、価格は元に戻ります

巷の就職スクールの価格の10分の1以下に抑えました。

自分の可能性を心から信じることができず、
金額がネックで自分の将来への投資に踏み切れないという人がいたら、
これほどモッタイナイことはないと、私は本気で思っているからです。


社会人が転職活動で大苦戦をしている惨状を見てきているだけに、
最初の就職では、絶対進路を誤って欲しくないですし、
自分の将来のために“今頑張りたい”と本気で考えている人の役に立ちたいのです。

数百冊以上の就職・キャリア関連本、現在書店に並ぶ本は全てチェックした上で、
盛り込むところは盛り込み、そういった本には書かれていない内容、
これまで10年以上かけて得た経験と指導内容を全部詰め込んでいます。


あなたが理想通りの内定を獲得するための最強のプログラムがここにあります。

さらっと目を通すだけでも、就職活動に違いが出てくるはずです。


就職活動でも同じですが、人生は選択の連続です。
是非、本物をつかんでください。

自分の直感を信じ、本プログラムに参加したいと感じていただけたのであれば、
私はあなたを大歓迎します。内定獲得のために力いっぱいバックアップします。


  今なら半額!特別限定価格で!
  「勝ち組学生の“スゴイ内定術”」全ページカ ラー
 PDFデータ版(A4サイズ)or [冊子+DVD]版
※ワークショップ・豪華特典のプレゼントは本編に
 簡単な受け取り方法が記載されています。
  ※[冊子+DVD]版には、送 料事務手数料が2,400円かかります。
  ※本商品は、各種クレジットカード 決済、コンビニ決済、銀行・郵便局の振込み、代引き決済(お問い合わせフォーム利用)など、各種お支払方法に対応しております 。

スゴイ内定術のお申し込

みはコチラ
代金引換郵便をご希望の方は、こちらをクリック


今日、この手紙で出会った私を信用し「自分のための就活を頑張ろう!」と思ってくれた、
あなたのその心意気に対する、私の心からのお礼を受け取ってください。

「この内容を知ることができてよかった」と、近い将来あなたは思うはずです。





この「スゴイ内定術」をフル活用してひとつも内定が取れなかった場合には
私の名誉にかけて費用をいただくわけにはいきません。

ですので、全くリスクがなくこの「スゴイ内定術」を使っていただけるように
返金保証を付けたいと思います。

もし、このプログラムに書かれている内容を全て実践しワークショップに参加いただき、
その上でこれから述べる資料をフル活用して就職活動をしたにも関わらず、

2015年度の内定がひとつも出なかったら、このプログラム費用を全額返金します。

万が一、そうなった場合は、事務局宛てにメールを直接いただければ
あなたからお預かりした代金を15日以内に指定口座に振り込みます。
(ただし、販売に掛かる手数料と送料はご負担いただきます)


もちろん、一見するとリスクがあるこのような提案は、自信がない限りできません。

心やさしい方であれば、
「こんな約束をしたら悪用されるかもしれないのに大丈夫ですか?」
「内容だけ手に入れて、お金は返せって言われてもいいんですか?」

と思われるかもしれません。


でも、もしそんなことがあっても、私はそれは仕方ないと思っています。
相手のことを信頼せずに、自分だけ信用されるわけがないと思うからです。

いくらウェブサイトに素敵なことが書かれていて内容に興味があっても、
「中身が分からない…」「怪しい…」と不安に感じる人もいるかもしれません。
それは人間の心理です。

もし私が内容を全く知らずに、ウェブサイトだけを見たら
同じことを感じるかもしれないと思います。

そんな迷いを断ち切って「自分が納得する就職活動をして内定を取る!」と
あなたが勇気を持てるのであれば、それくらいのリスクは私が引き受けます。

「決断する」だけで、内定の確率はぐぐっと上がるからです。

何かに躊躇しながら就活をするほど、時間のもったいない事はありません。
そういう時ほど成果が出ないからです。


私がこんなに長いメッセージをあなたに向けて書いている、その原動力は、

これまでに内定術のプログラムを実践して見事に内定を勝ち得た学生からの
進路の報告です。「内定が決まりました!」という喜びのメールです。

キャリアアドバイスをしている人間として、これほど嬉しいものはありません。


誰一人として、同じ就職活動というのはあり得ませんが、
この「スゴイ内定術」を実践してくれた人達がつかんだものは、

自信であり、本当に輝いている自分であり、
将来にわたって成功を続けていくための最初のステップです。


是非、あなたにも就職活動を通してその感覚をつかんでいただきたいと思っています。

それが、この「スゴイ内定術」を私が公開する理由です。



重要なお知らせ

内容に関して納得していただけたあなたに、ひとつだけ重要なお知らせがあります。


このプログラムは、品質を維持するため、またワークショップなどの質を落とさないため、
この内容と価格でお渡しするのは最大でも150名限定とさせて頂きます。

次回以降の販売に関しては、まだ分かりません。


本音を言うと、本当はできる限り多くの人達の就活の力になりたいのです。


もちろん、ブログのように無料で公開する方法も考えました。
出版社から「この内容を書籍にしましょう」という嬉しいお話も毎年いただいています。

でも、そんな話を断って、学生にも手の届く範囲で有料プログラムにしているのは、
あまりにも多くの人に広まりすぎてしまうと、ノウハウの威力が薄れてしまうからです。


就活生全員が実践したとしても、もちろんそれぞれの人に大きな効果が現れます。
ただ、グループディスカッションや面接などで全員が同じやり方をすれば、
やはり競合します。さすがに少しは選考に通過する率が下がるでしょう。

倍率50倍の企業の選考を受けていたら、他の人達と同じことをしているだけだと落ちます。
選ばれる1人になるためには、ライバルとの差別化が必要になります。

超就職氷河期の2015年は、人気企業でなくても学生が押し寄せますので、
実はどんな会社でも同じ現象が起きています。


ですから、「卒業後に楽しく働きたい」そのために「志望企業からの内定がほしい」と
本気で考えている人にこそ是非読んでほしいと思っています。そんな本気の人達が
最も効果的に就活を進められるよう、人数を制限して有料にしています。

広告費や運営費の関係もあるというのが正直なところです。


また一方で、

このノウハウは、採用する企業の視点を解説し、選考の意図やチェックしているポイントなど、
企業として本当は学生に知られたくない」内容をかなり盛り込んでいますが、

かなりの内容を破格の安さで提供しているため、就職活動支援会社や企業の採用担当者が
購入してくることがあります。(事前に明らかに分かった場合はお断りしています)

そういった学生以外の方に、自社のビジネスに悪用されるのは避けたいため、
万が一そういった状況が確認できた場合は、すぐに販売を中止致します。


このページが露出されている今、以下のフォームよりお申し込み頂いた方のみ、
確実に手に入れる事が出来ます。

将来まで使える“本物の就活ノウハウ”を手に入れたい方はお急ぎ下さい。



さらに…先着100名様に限り24,000円相当の豪華特典をご用意しました!

もちろん・・・これだけで、あなたは志望企業からの内定を獲得できます。
しかし、「スゴイ内定術」という名前なのに、あなたは本当に心から
喜んでくれるのだろうか…?もっとスゴイ事はできないのか…?

そこで、大変な作業を覚悟の上で、あなたのために私の時間と労力を
ささげる決意をしました。この思いに、今回は現役のリクルーター
当プログラムの卒業生など、たくさんの人達が賛同してくれました!


あなたが志望企業から内定をもらうのに役立つ、
普通では絶対に手に入らない以下の特典を、全てお渡ししたいと思います。

この内容はできる限り全ての方にお渡ししたいところですが、申し訳ありません、
最初に決断された100名様への限定配布とさせていただきます。


これらの内容を加工し、都合のよい部分だけ使われてしまうと、

現役のリクルーターこれから社会人になる「内定ゲッター」の先輩など、
今回、制作にあたってご協力いただいた皆さんに迷惑がかかってしまうからです。

ご自分の就職活動で納得できる内定を獲得するためにこれらの資料を
必要とされている方ばかりであれば、いくらでも配布いたします。

しかし、とにかく就職を決めたいがために乱用する人や、もしくは
自社の採用や自分のビジネスのために悪用する企業の方もいらっしゃるかもしれません。


情報の秘匿性を維持するためにも、
これらの特典に関しては、定員に達し次第予告なくサイトから削除させていただきます。


それではご紹介します。


無料特典1

これまで私が目の当たりにしてきた、
トップクラスの企業 が面接の際に使っているシートです。

守秘義務があるため全く同じものを出すというわけにはいきませんが、
そのエッセンスがギッシリと詰まった、他では手に入らない極秘資料です。

   1対1の面接において、企業がどのような項目で皆さんをチェックしているのか
   参考になり、面接対策が立てやすくなるはずです。
無料特典

無料特典2

大企業の選考プロセスにおいて、本格的な面接の前に実施されることの多い、
集団面接グループディスカッションといったグループ型の 選考会。
そこで実際に使われている評価ツールとほぼ同じものを差し上げます。

やはり守秘義務があるためズバリそのものをお渡しするわけにはいきませんが、
エッセンスがギッシリと詰まった、他では手に入れることのできない極秘資料です。

1対1の面接だとそんなに緊張しないのに、周りにライバルがいるグループ型選考会は
人目が気になってしまいどうしても苦手・・・という方は結構多いです。

   そんな人にこそ是非手に取ってもらいたい資料です。
無料特典

無料特典3

これまで数々のワークショップを開催してきましたが、2015年卒の就職活動状況に
最も似ていると思われるのが、「厳しい」と言われてきた2015年卒の就職活動戦線です。

そこで、これまでに開催されたワークショップの中から、
2015年卒の就職活動に役に立ちそうな部分を厳選して、内容をまとめました。
特に質疑応答の部分と講義の部分を重点的に取り扱っています。

まとめても3時間を超えるという圧倒的なボリュームになってしまいましたが、
同じように就職活動を闘ってきた先輩達の生の声が詰まっています。

   短期決戦である就職活動で悩む内容は年代を超えて共通していることも多く、
   このワークショップ音声を聞けば、
   就職活動で悩みを抱えているのは自分だけではないと安心するはずです。
無料特典

無料特典4

書きが基本となる履歴書ですが、同じものをデータで用意して常に持ち歩いておけば、
うっかり忘れてしまった場合でも、すぐプリントアウトして使うことができます。

記入しやすいようにエクセルファイルでお渡ししますので、
使う用途に合わせてあなたの好きなように加工していただいて構いません。

履歴書は社会人になってもずっと使っていくものなので、
ひとつ使い勝手のいいフォーマットを持っておけばとても便利です。

   また、「手書きで書いた履歴書を送るほどではないけど、自分の資料は送っておきたい」
   という企業があれば、郵送するかわりにメールで送ることもできるので大変便利です。
無料特典

無料特典5

某企業で現役のリクルーターとして活動している先輩社員との対談が実現しました。

かれこれ長い期間リクルーターとして会社に任命されており、
もちろん2015年卒も担当するそうです。

受ける会社によっては、リクルーターの人に気に入ってもらうことで、
その後の選考プロセスで優位に進むことができる可能性がある
ため、
決して馬鹿にはできないポイントです。

リクルーターにはどんな役割の人がいて、それぞれの場面で学生のどういう点を
チェックしているのか
、とても参考になる内容を惜しみなく話してくれました。

   もちろん、これは選考プロセスとは関係のないOB・OG訪問にも活用できる話であり、
   「先輩にどんな事を聞けばいいのかな」と困っている人にもとても役立つ内容となっています。
無料特典

無料特典6

「提出書類に書く内容が全然思い浮かばない」「どうしても面接を通過できない」など
就職活動をしているうちに何かしらの壁にぶち当たる人は多いです。
そんな時に1ヵ月間回数制限なくメールで相談できるサポートシステムを作りました。

ただし、相談が多くなってしまうと素早くメールを返すことが難しくなってしまうため、
お申込み先着30名様限定とさせていただきます。

   仮に先着枠が埋まってしまっても、いただいたご質問に関してはワークショップにてお答えし、
   直接または音声にて内容を確認することができるようにする予定です。
無料特典

無料特典7

メルマガスタンド「まぐまぐ」内で最大級の名言マガジン(読者数:約21,000人)より、
過去6年間に配信された中から、特に心に響く言葉を厳選しまとめた
特別オリジナルバージョンの名言集です。

就活というのは日々エネルギーを使うもの。元気をチャージしたい時もありますよね。
そんな時にこれを読んで就活のモチベーションをあげてください。

   PDFファイルで約20ページのボリューム、デザインがとても素敵な、
   友達に自慢したくなる深イイ名言集です。
無料特典

無料特典8

激戦と言われた昨年の就職活動。そんな厳しい環境にめげることなく
プログラムを実践し多くの企業から内定をもらった4年生の先輩を呼んで話を聞きました。

どうして周りが苦戦している中で、
一人だけ複数内定(それも3社とか4社のレベルではありません)という圧倒的な成績
残すことができたのか?その秘密にせまります。

   この先輩の話を聞けば、あなたも複数内定をゲットし笑顔で就職活動を終わらせる
   イメージがわくと思います。
無料特典

無料特典9

なんと、今回のプログラムでご紹介している「特別キャンペーン」に参加していただければ、
5000円をプレゼントさせていただきます。

ただし、このキャンペーンは先着20名様限定のキャンペーンとなります。
お申し込み者全員に応募資格があり、応募すれば5000円をプレゼントするという、
超お得なキャンペーンです。

   現在、追加のキャンペーンも企画中ですので、
   先着枠の終了後も必ずお得なキャンペーンをお届けすることをお約束します。
無料特典

無料特典10

毎年、どうしても企業の選考会と重なってスケジュールが合わなかったり、
遠方に住んでいるためワークショップへの参加が難しい、といった話が出てきます。

そこで、希望者には毎回開催されるワークショップで話している内容
まとめた音声(映像)ファイルを定期的にあなたのメールアドレスまでお届けします。

   「ワークショップには参加できないけれども聞きたいことがある」という場合は事前に
   質問をいただければ、ワークショップ内でまとめてお答えします。
   時間的・地理的な制約によって不平等が発生しないようにしますので、ご安心ください。
無料特典

※これらの豪華特典については先着100名様までとなっておりますので、
 定員に達し次第すぐに終了とさせていただきます。

  

今すぐ内定を決めたい方はこちらから


購入前にいただいた質問と私の回答

  今までインターネットで何か物を買ったこと がなく、
申し込みが不安です。個人情報は大丈夫ですか?
また、早く読みたいのですが、
今すぐ手に入れることはできるのでしょうか?

インターネットでのお申し込み自体に対して 不安をお持ちでも、
ご安心ください。

あなたのウェブブラウザとサーバ間の通信は SSL暗号通信により
暗号化されていますので、
ご記入いただく内容はすべて安全に送信されます。

また、ダウンロード版を選択いただければ、お申し込みの確定後、
すぐにパソコンからダウンロードして読んでいただくことができます。

[冊子+DVD]版の場合は、
到着まで少しの間だけお待ちいただくことになります。


  クレジットカードを持っていませんが、
それでも購入できますか?

クレジットカードがなくても大丈夫です。
コンビニ・銀行振り込みにも対応しています。

システム上で入金の確認がとれるまで、
カードよりは若干時間がかかりますが、
そちらの方が使いやすいということでしたら、是非ご活用下さい。

特にコンビニを使えるのは便利だと、最近好評です。


  これまでの実績を教えてください。
はっきり言ってしまいますと、
業界・業種ともに多種多様できりがありませんので、
何となく分かりやすそうなところを挙げてみますね。
最近ではGS、三菱UFJ、野村證券、ボスコン、アクセンチュア、
日テレ、日本水産、花王、オンワード、NEC、京セラ、三菱重工、
データ、シスコ、博報堂、電通、ソニー、任天堂、SME、トヨタ、
パナソニック、リコー、GE、三井物産、みずほ総研、JT、伊藤忠、
JFE、日本生命、J.フロント、セブンイレブン、三井住友海上G、
サントリー、HIS、ニチイ学館、講談社、JR、ドコモ、JTB、
三井不動産、出光興産、読売新聞、東京電力、ベネッセ、NTT、
P&G、資生堂、リクルート、ワタミ、幸楽苑、キーエンス、東レ、
日本製紙、伊勢丹、日立、マツキヨといった大手から、
ワークス、リンクアンドモチ、DeNA、サイバーエージェントなど
新進気鋭の企業、ほか、優良企業や中堅企業、ベンチャー企業、そして
殆どの人が名前を知らないような隠れた実力派の企業まで様々です。
大手企業が多く出ているのは、社名が伝わりやすいから書いただけで、
もっと小規模の優良企業を選んで入社した人達も大勢います。大事なのは
“自分に合った”企業に入社することだと私は思っています。

  ワークショップが完全無料でついているのは
とても珍しいと思うのですが、
そもそも何故ワークショップをやろうと
考えたのですか?

理由は2つあります。

ひとつは「直接顔を合わせることで伝えられる内容がある」
と思っているからです。

プログラムの内容だけで十分ではあるのですが、
さらに直接コミュニケーションを取れる場が少しでもあれば、
たとえ短い時間であっても有効に活用してもらえるのではないか
と考えました。

もうひとつは、「内容が本物であれば、それを作った人間が堂々と
表に出ることがネットの世界では重要だと思っているから」です。

インターネットの匿名性を利用して、実際とは違う経歴でテキトーな
マニュアルを販売している人が実在していることも
私は知っています。

この「スゴイ内定術」を既に利用している人達の中にも、
以前そういった悪質な物にだまされた経験のある人もいます。

基本的に「作成者の顔が公開されていないマニュアル」 の場合は、
いかなる理由が書かれていても、そこには後ろめたい理由があります。しか も匿名を使ってしまえば内容に責任を持たなくてすむわけです。

いくらホームページに美辞麗句が並んでいたとしても、
内容がそれとはかけ離れている場合が殆どです。
音声ファイルだけで済ませることもできますが、
私はそこまで手を抜きたくありません。

繰り返しになりますが、
就活というのは将来への第一歩を決める重要な活動です。
私は、どうせ投資をするのであればあなたに
「本物の価値ある投資をしてほしい」と思っています。

そのために証拠が必要なのであれば私は喜んで提供します。
ワークショップにて、テキストを書いた本人が内容を話すことが
そのひとつであれば直接しっかりとお話したいと考えています


  今まで中学受験や大学受験で失敗しており、
無名の学校に通っています。
これまでの経験から、今さら頑張ったからと言って
本当に内定がもらえるのか全く自信がありません。
こんな私でも大丈夫でしょうか。

大丈夫です。
まずは今までの受験の結果などとは切り離して考えてみませんか。
よく誤解されますが、「内定を勝ち取る力」というのは、
受験勉強の成績とはあまり関係がありません。

それよりも「生きる力」と関係していると言った方が適切です。
ただ内定をとるだけでなく、今後の人生に役立つような内容を
盛り込んでいます。


  購入後などにさらに教材などを購入する必要 は
ありますか?
一切ありません。ご安心ください。

  内容が高度すぎて実践できない
ということはありませんか?
私でも本当に実行できるのでしょうか?

大丈夫です。
就職活動の流れは最初の企業選びから内定受諾まで
全てつながっていますが、それをステップバイステップで
分かりやすく書いています。

いわゆる「自己分析」「エントリーシートの作成」「GD」「面接」
といったプロセスがあり、それぞれのプロセスにおいて合格する秘訣
を個別にまとめています。

「グループ面接がどうしても苦手で・・・」という場合は
そこから読んでもらってもいいですし、
まだ志望業界ややりたい仕事が明確でない場合には

まず全体を通して読むことで、
どうやって自分の将来を計画していくのか、
そしてどのようにすれば内定にたどりつくのかを
明確にすることができるはずです。


  ワークショップだけでなく懇親会などをやる
予定はありませんか?
いいですね!毎年そういう声が出ており まして、実際に行っています。
希望者が多ければ是非やりましょう。
顔の見える関係というのはいいものです。
みなさんが楽しく、お互いが情報交換したり、
刺激し合えるような場になるのであれば、
それはやる価値がとてもあると思います。



勝ち組学生のスゴイ内定術を手に入れて、今すぐ内定力を上げたいか

たはこちらから
スゴイ内定術のお申し込み

はコチラ



プログラム実践者の声をご紹介します

 
 

第一志望の企業にOB訪問した時に言われたのは
「君のエントリーシートには個性がないね」というキツイ一言でした。
その先輩は、毎年沢山の学生のエントリーシートを見ているので
自分のエントリーシートが「その他大勢の受験者と同じ」であると
指摘されたのだと、その時思いました。

それはつまり、「埋もれてしまって、書類選考で落ちる」ということ。
 
どうしても行きたい会社だったので、何とかしたくて
スゴイ内定術のテキストを購入しました。

そこで学べた内容は、まさに先輩が言った通り、
「エントリーシートに個性を出す方法とその重要性」でした。

そのおかげで、後日先輩を再訪問した時には
「エントリーシートに個性が出てきたね。」とほめられ、
次の選考に進めてもらうことができました。


その後も、無事に第一志望の企業から内々定をもらえるまで
ずっと手放せない宝物となりました。

就職活動情報最前線「スゴイ内定術」体験談

 

一番最初に受けたグループディスカッション の衝撃が大きすぎて
私はグループ選考に大の苦手意識を持っていました。

同じような大学3年生の人達ばかりだと思っていたら、
なんと社会人や院生の人達ばかりのグループだったのです。
焦ってしまって、自分らしいコメントも言えず敗退。

その時の失敗が苦手意識となり、
それ以降全くグループ選考に通らなくなってしまいました。

どうやればグループ選考に通過するのか?
思い悩んでいた時に仲田さんのセミナーに参加しました。

そこで、グループ選考に通過する秘訣を教わることができ、
やっと私は、今まで抱えていたグループ選考への苦手意識をなくすことができました。

セミナーに参加したのがいいきっかけになったと思います。
本当にありがとうございました。


就職活動情報最前線「スゴイ内定術」体験談

  はっきり言ってすごく後悔している。
もっと早くからこの就職内定術を読んで就活をしていたら
結果は全然違ったと思うから。

大学もそこそこ悪くないし、部活もずっとやってきたから
内定を取るのはそんなに難しくないだろう、と考えたのが甘かった。
会社セミナーに呼ばれる日程も他大の友人より早いし、
ESで落とされることもそんなになかったので、
内定が出るのは時間の問題だろうとタカをくくっていた。
でも、役員クラスの面接で落ち続け、
手持ちの企業がゼロになってから、事の重大さに気が付いた。

もっと沢山エントリーをしておけば良かったのに、
大企業のセミナーはもう全部終わってしまっている。
受けられるのは中小かベンチャーか、という状態になっていた。

そこで初めて本腰になり、スゴイ内定術を読み込んで
とにかく優良企業のセミナーを選んで足を運ぶようにした。

役員面接でまた失敗しないように、書かれている方法で練習をし、
準備万端で臨んだ。そしたら、今度は失敗しようがなかった。

一応、納得のいく企業から内定がもらえたのでよかったが、
もっと早い時期にスゴイ内定術を読んでちゃんと準備したら
また違う結果が出せたと思うだけに、悔いが残る。


就職活動情報最前線「スゴイ内定術」体験談

 

昔から興味のある業界は決まっていたので、
どうやれば業界トップの企業に入れるかについてはずっと考えていました。

就職活動で一度その企業に応募すると、あとは進んでいくしかないため、
応募のタイミングだったり、選考への参加の仕方などは
けっこう慎重に戦略を練りました。

だから、「具体的にどうやったら受かるか」という
仲田さんのテキストはとても実践的で参考になりました。
まさに、合格率を高めたい自分にとっては、最高の教本でした。

無事、第一志望企業から内定が出たので、本当に嬉しいです。


就職活動情報最前線「スゴイ内定術」体験談

  もちろんこのノウハウの内容もとても参 考になりましたが、
私にとってはワークショップで出会えた友達が最大の収穫でした。

就活に対するモチベーションを保つため、
また、色々な事を客観的に気づかせてもらうために、
ワークショップには頻繁に通いましたが、
その中で、人生の中でも最高と言える出会いがありました。
実際のところ、就活はハードで自信喪失の連続でしたが、
友達と電話したりしながらお互い励まし合い、乗り切ることができました。

結局、進む業界は違いましたが、ある意味よきライバルとしても
きっとこの先もずっと長く付き合っていくことになると思います。

こんな大きな出会いをくれたワークショップには
本当に感謝の思いでいっぱいです。


就職活動情報最前線「スゴイ内定術」体験談

  最初、なんで自己分析をするのかよく分 かりませんでした。

過去のことを思い出そうとしても、そんな小学校や中学校のことなど
簡単に思い出せるわけもなく、思い出してもあいまいな記憶ばかり。

これらを、どうやって就職活動に結びつけたらいいのか、
全く見当もつきませんでした。
友人に勧められて、就活の有名な本を買ったり、
いろんなワークシートを試しましたが、どれも同じようなものばかりで、
結局飽きてしまい、長続きしません。

もうどうでもいいや、自己分析をしなくても内定は出るだろう、
と半ば投げやりになっていた時に、偶然このノウハウに出会いました。

読んでみたら、目からウロコでした。
今まで自分がやってきたのは一体何だったんだろう?と、
アホらしくなってしまいました。

ちゃんと目的を持って、しかもポイントを押さえれば
こんなに気持ちよく、必要な答が自分の中から見つかるのだとは
知りませんでした。

多分これは、社会人になってからも、仕事に行きづまったり
自分について振り返りたい時にも十分通用するやり方だと思います。

就活というワクを超え、今後も宝物となるような武器を手に入れた気持ちです。


就職活動情報最前線「スゴイ内定術」体験談

 

もともと話し下手で、すぐに緊張してしまう 性格のため
面接は大丈夫だろうかと就活をする前から心配していたのですが、
その予感は的中しました。
エントリーシートは通ったものの、5社連続で
一次面接で落ちてしまい、一気に不安になりました。
もともと面接本は読んで対策を立ててはいたのですが、

それだけでは自分の場合ダメだということは明らかでした。
だから、「具体的にどうすれば面接で通るようになるか」という
この内容はとても実践的で参考になりました。
面接で、「何を」「どのように」面接官に伝えればいいのか、
その考え方を知ってからは、一気に合格率が跳ね上がりました。


就職活動情報最前線「スゴイ内定術」体験談

 

就職活動を始めて最初の頃は、

業界内ではどこも初任給は同じくらいだし、
そのうちのどこか1社に引っかかればいいかな、という位の軽い気持ちでした。

だから、仲のいい友人にこのマニュアルを薦められた時にも
「私はいいよ、この値段なら洋服が2着は買えるから。」と断ったほどです。

でも、普段はあまり押してこない友人が
「絶対にこれは買っておいた方がいいから!」と珍しくすすめてくるので、
「そこまで言うのなら」と、半信半疑で買ったのです。

本当に友人の言う通りでした。
例えば給与ひとつにしても、初任給は同じであっても
2~3年経てばかなり違ってくるということは知りませんでした。

もし、これを知らずに適当に就職していたら、
数年後にとっても後悔していることは間違いありません。

就職活動における企業選びがこれ程大事だとは知りませんでした。
就職活動を始めたての時は、その価値が分かりにくいですが
内定を吟味し就職活動を終了させた時に、その価値がよく分かります。

長い目で見たら、これほど将来にも使えて
お買い得な情報はないと今では思っています。


就職活動情報最前線「スゴイ内定術」体験談

 

今はまだぺーぺーな自分ですが、将来は企業 のCEOとしてヘッドハンティングされるような人間になりたいと思っています。

ただし、
どのような会社に入ってキャリアを積めばいいのか最初は全く見当もつきませんでした。
仲田さんに直接、今後のことも踏まえたキャリアの積み方を教えていただいて、
やっと実情が分かりました。

就職活動をしている時点で道を誤ってしまうと、
軌道修正が大変難しいということを知ることができて良かったです。
危ないところでした。

おかげ様で無事に第一志望の企業から内定をもらいましたが
まだまだ初めの一歩だと思っています。

今後もいろいろとキャリアについて相談させていただくこともあると思いますので、よろしくお願いします 。


就職活動情報最前線「スゴイ内定術」体験談

  実は、私は去年就職浪人をしていました。
内定は幾つかもらっていたのですが、第一志望群ではなかったため
いろいろ考えて、辞退したのです。
当然親には反対されましたが、
「あと1年だけ待ってほしい。これでダメならあきらめるから。」
と説得して、何とか1年だけ許してもらいました。
  
去年も元人事の人が作成した就職マニュアルを読んだり、就職予備校に行ったり
していたのですが、なんとなくいい会社に行ける気はしませんでした。
ひどい内容のマニュアルが多かったですし、予備校の空気も悪かったのです。

去年と同じ事を繰り返しても同じ結果が出るだけなので、
今年はとても慎重に選びました。
自分に一番合っていそうなマニュアルを選び、
アドバイザーを心から信頼して就活しました。

それがいい結果につながったのだと思います。

無事、志望企業から内定をいただけましたが、去年と大きく違ったのは
「アドバイザーの質」と「集まっている人達の質」だったと思います。

去年は、就職活動の裏ワザ的な話が多かった気がするのですが
やはり教えてくださる方の素性も怪しく、
あまり「この人は魅力的な社会人だな」とも感じませんでした。

今年は、まさに人生の勝ち組に乗っているような方だったので、
その内容には説得力がありましたし、セミナーの参加者も
熱意があって人生をポジティブに考えている人達ばかりでした。

類は友を呼ぶ、ではないですが、
勝ち組の集まりには勝ち組が集まるのだということを実感しました。

私も今年、その仲間入りができたんじゃないか、ということが
とても嬉しいです。

もちろん、就職活動ひとつで人生の勝ち/負けが決まるわけではないですが、
これからもできる限り成功している人達の集まりに行きたいと思っています。


就職活動情報最前線「スゴイ内定術」体験談

  私はアガリ症で、面接とか真剣な雰囲気の場所が 苦手です。

だから、そんな私がどうやったらアガらないで選考を受けられるのか、
その秘訣が知りたくてこのテキストを購入しました。

アガリ症自体はいきなり治ることはなかったですが、
アガっている状態でも相手から聞かれている意図を組んで
質問に答えられるようになったのは、このテキストのおかげだと思います。


就職活動情報最前線「スゴイ内定術」体験談

  自己分析をそこそこ終えてエントリーシートに取 りかかったつもりでしたが、
書こうと思ってもどうやって書けばいいのかアイデアが全く浮かびませんでした。
特に志望動機と自己PRのところは、本などで例文をいっぱい集めてきて
自分なりに作ってみたのですが、なんとなくしっくりこない。
案の定、自信がない状態で出したエントリーシートはことごとく足切りに合いました。
それで何とかしなくちゃいけないと思い、スゴイ内定術のノウハウを入手しましたが本当に頭をハンマーで殴られたぐ らい衝撃的でした。
こんなに分かりやすく内容が分析されていて、戦略的にエントリーシートを作る方法があるとは思ってもいませんでし た。やはりMBAはハンパないと思いました。
おかげ様でエントリーシート作りには一切困らなくなり、自分に自信が持てました。
足切りに合っていたのは、今までの僕の人生が否定されていたのではなく、
エントリーシートが悪かったからだということに気づいたからです。


就職活動情報最前線「スゴイ内定術」体験談

  志望企業で圧迫気味の面接をされ、下手こきまし た。

もう二度と失敗は繰り返したくないので、その対策として
この教材で採用する側の心理を知ろうと思いました。

企業の人が自分のどんなところを見ているのかが分かれば
どんな選考をされてもピントを外さずに受け答えができます。
そのコツをマスターしてからは、圧迫気味であろうとも、ちょっと
変わった選考会であっても、動じずに対応できるようになりました。
 
やっぱり、実際に企業の採用活動のアドバイスをしている方の
具体的な話は、とても参考になりました。
企業側の視点が分かれば、本当に対応がしやすくなります。

そしてこんな僕も、来年からは人事部で働くので、
この教材で学んだことを活かしたいと密かに思っています(^^)/。


就職活動情報最前線「スゴイ内定術」体験談

  去年の冬、本当に自分がやりたいことがわからな かった。
いろいろ就職活動の本も読んだし、自己分析もそれなりにやった。
でも全く答が見つからなかった。だから仲田さんに相談した。

家に閉じこもっているうちは何も進まないので、アドバイス通り
いろいろと足を伸ばし首を突っ込んでみた。
とにかくがむしゃらに動いた。
  
すると、少しずつではあるが自分が仕事に何を求めているのかがわかってきた。
これは各自違うものだし、自分が感じる以外他に方法がないものかもしれない。

でも、前半戦で苦労した分、後半戦は比較的楽だったように思う。
一度はっきりした方向性さえ決まりさえすれば、不安も吹き飛ぶからだ。

だから「本当にやりたいことに気づくこと」、これが就職活動の成否を分ける。

いかに早くそこに到達するか。そのためには、就職活動のことを熟知している人に
どんどんアドバイスを求めるといいと思う。必ずヒントをもらえるはずだから。


就職活動情報最前線「スゴイ内定術」体験談

  就活を始める前は、国際協力の活動をやりたいと いう気持ちもあり、
就職したい気持ちとしたくない気持ちが半々でした。

ただ、卒業後の進路が中途半端な気持ちのまま、不安だけが増していくのが嫌で、 何かのきっかけを自分に与えようと 、このマニュアルを手にしました。
当初は、とても狭い価値観の中で将来のことや仕事について考えていたのですが、
このマニュアル通りに自己分析を進めていくうちに、
だんだん違う見方ができるようになり、就職に対する考えの枠が広がりました。

結局一般企業に就職することになりましたが、
これが最善の選択肢だったと今では実感しています。

もし中途半端なまま気持のままで活動していたら、きっとどっちにも決まらず
困ったことになっていたと思うので、本当に助かりました。

就職活動情報最前線「スゴイ内定術」体験談

 

最初にこのマニュアルを読んだ感想は

就活で志望企業から内定を取るための最短経路が書いてありますが、
この内容は就活だけでなく、社会人になってからも使えると思うのです。

もちろん、折角頑張って就活をして第一志望の商社に行くことが
決まったので、この先のことを考えているわけではないですが、
社内選抜プログラムなど、もし必要になることがあったらまた使いたいと思います。

私の人生のバイブルです。


就職活動情報最前線「スゴイ内定術」体験談

 

GWを過ぎ、周りの友達がどんどん内定が決まってい く中で
私ひとり取り残された感じでとても焦っていました。
みんな気を遣って「大丈夫よ」とは言ってくれるものの、
心の中は不安でいっぱいで、夜もなかなか眠れませんでした。

選考でスムーズに進んでも、結局は最終選考で落とされるので、
きっと自分に何か原因があるのでは?と思っていました。

  
でも、その原因が全くわからないため、
成功者のやり方を知りたいと思い、マニュアルを購入しました。

読んだらすぐ、内定が出なかった理由がはっきり分かりました。

最終選考でもそれまでの選考と同じような調子で受け答えをしていて、
企業がどうしても採りたい、と思ってくれるような流れにしていなかったんです。

ただただ誠実に受け答えをするだけでなく、人間味のある
駆け引きも時には重要なのだと、その時知りました。

マニュアルを買ってから1週間後には1社目の内定をいただき、
その後は結構ぽーん、ぽーんと内定が出るようになりました。

「知ってるか、知らないか」だけでこんなに結果が違うとは
思ってもいませんでした。とても勉強になりました。

就職活動情報最前線「スゴイ内定術」体験談


  岩波さん
就職活動Q1.どうして「スゴイ内定術」を購入しよう

と思ったのですか?
就職活動の方針がなかなか 立てられず、
また何をしていいのかよく分からなかったので、
購入しました。

就職活動Q2.実際に「

スゴイ内定術」を読んでみて、どうでしたか?
自己分析や、面接、ESな どのコツがよく分かり、
すぐに実践していける内容でした。
普段あまり気にしていなかったものにも言及されていて、非常に参考になりました。

就職活動Q3.「就活に

「役に立つかどうか」を点数で表すとしたら?
100点

就職活動Q4.今、就活

を頑張っている人にも薦められる内容ですか?
自信を持って薦められる

就職活動Q5.このマニ

ュアルはいくら分の値打ちがあると思いますか?
30,000円

「スゴイ

内定術」アンケート用紙
↑クリックで拡大表示します
就職活動情報最前線「スゴイ内定術」アンケート結果

  佐野さん
就職活動Q1.どうして「スゴイ内定術」を購入しようと思ったの

ですか?
「就活」というのは、どんなことをすれ ばいいのか、
全く分かりませんでした。
そして、何冊もの「就活本」も購入しましたが、
情報が多いし、今いち的確な就職活動ができているとは
思えず、内定が取れるのか、とても不安でした。

就職活動Q2.実際に「スゴイ内定

術」を読んでみて、どうでしたか?
「自己分析」ってどうすればいいのか分 からず
悩むばかりでした。しかしこの内定術を読んでから、
どのように自己分析をすればいいのか、
どのように、面接すればいいのか、
ということが分かり、自信がつきました。
本当に購入して良かったと思います。

就職活動Q3.「就活に「役に立つ

かどうか」を点数で表すとしたら?
90点

就職活動Q4.今、就活を頑張って

いる人にも薦められる内容ですか?
自信を持って薦められる

就職活動Q5.このマニュアルはい

くら分の値打ちがあると思いますか?
23,000円

「スゴイ内定術」アンケート用紙
↑クリ ックで拡大表示します
就職活動情報最前線「スゴイ内定術」アンケート結果

  堀さん
就職活動Q1.どうして「スゴイ内定術」を購入しようと思ったの

ですか?
「就職活動を始めるにあたって何から始 めたらいいか
わからなかったので何か参考になるものはないかと
探していたらこれに出会い、購入しようと思いました。

就職活動Q2.実際に「スゴイ内定

術」を読んでみて、どうでしたか?
自分が今やることが明日になりあせる気 持ちがなくなり
楽しんで就活できるようになりました。
自己PRから面接まで丁寧に書かれていて
とても参考になりました。

就職活動Q3.「就活に「役に立つ

かどうか」を点数で表すとしたら?
100点

就職活動Q4.今、就活を頑張って

いる人にも薦められる内容ですか?
自信を持って薦められる

就職活動Q5.このマニュアルはい

くら分の値打ちがあると思いますか?
25,000円

「スゴイ内定術」アンケート用紙
↑クリ ックで拡大表示します
就職活動情報最前線「スゴイ内定術」アンケート結果

  二宮さん
就職活動Q1.どうして「スゴイ内定術」を購入しようと思ったの

ですか?
人生において1度きりの“新人採用”。
後悔はしたくなかったし、そのためには、
周りに差をつけるような就職活動をする必要があると
感じたからです。

就職活動Q2.実際に「スゴイ内定

術」を読んでみて、どうでしたか?
就職活動を続けていると、どうしても不 安や苦しい
気持ちになることがあります。
そんな時、この内定術を読み返してみると
「まだまだこんなもんじゃ終われない」「頑張ろう」
という気持ちになります。

就職活動Q3.「就活に「役に立つ

かどうか」を点数で表すとしたら?
99点

就職活動Q4.今、就活を頑張って

いる人にも薦められる内容ですか?
自信を持って薦められる

就職活動Q5.このマニュアルはい

くら分の値打ちがあると思いますか?
25,000円

「スゴイ内定術」アンケート用紙
↑クリ ックで拡大表示します
就職活動情報最前線「スゴイ内定術」アンケート結果

  豊田さん
就職活動Q1.どうして「スゴイ内定術」を購入しようと思ったの

ですか?
就職活動の進め方、エントリーシートの 書き方、
面接対策などに関して悩んでいたから。
また、内容とサポートがしっかりしていそうだと
感じたから。

就職活動Q2.実際に「スゴイ内定

術」を読んでみて、どうでしたか?
いくつか、就職活動のマニュアルを読ん だことがあるが、その中では一番良い内容だと思う。
抽象的な理論ではなく、具体的にどうすればいいのか
ということを理解できた。
ワークショップも良いと思いました。

就職活動Q3.「就活に「役に立つ

かどうか」を点数で表すとしたら?
90点

就職活動Q4.今、就活を頑張って

いる人にも薦められる内容ですか?
自信を持って薦められる

就職活動Q5.このマニュアルはい

くら分の値打ちがあると思いますか?
1万5千円

「スゴイ内定術」アンケート用紙
↑クリ ックで拡大表示します
就職活動情報最前線「スゴイ内定術」アンケート結果

  早川さん
就職活動Q1.どうして「スゴイ内定術」を購入しようと思ったの

ですか?
自己分析や自己PRなど具体的な方法が よくわかって
いなかったため、それを知りたいと思ったため。

就職活動Q2.実際に「スゴイ内定

術」を読んでみて、どうでしたか?
知りたかった自己分析や志望動機などわ かりやすく
具体的に知ることができてとてもよかったです。

就職活動Q3.「就活に「役に立つ

かどうか」を点数で表すとしたら?
90点

就職活動Q4.今、就活を頑張って

いる人にも薦められる内容ですか?
自信を持って薦められる

就職活動Q5.このマニュアルはい

くら分の値打ちがあると思いますか?
30,000円

「スゴイ内定術」アンケート用紙
↑クリ ックで拡大表示します
就職活動情報最前線「スゴイ内定術」アンケート結果



既に内定を獲得した彼らのように、「勝ち組学生のスゴイ内定術」を手に入

れて、内定を決めたい方はこちらから
スゴイ内定術のお申し込

みはコチラ




最後にお伝えしたいこと

就職活動できる今こそが、最大のチャンスです!

就活ってそこまで頑張ってやらないといけないものなのかなぁ?という声を時々耳にします。

確かに、単に仕事に就くだけであれば、あえて就活シーズンに頑張る必要は特にありません。
新卒派遣のような道もあれば、とりあえず就職した後に転職を考えるという選択肢もあります。

しかし、

「就活シーズンこそ、今までの生き方と関係なく勝負ができるタイミングであること」

「就活で努力した内容が、一番将来にリターンとなって返ってきやすいということ」

このことがどれだけ素晴らしいことか、気づいていますか?


これがもし受験勉強だとしたら、それまで勉強してきた蓄積がモノをいうでしょう。

しかし就活の場合は、それまでに投下した時間より、 「いかに就活における“考え方”や“やり方”をマスターしているか」で結果が違ってくるのです。

「内定を勝ち取る力」というのは、学歴よりも短 い時間で簡単につけられます。
いくら一般で言われるところの“学歴”がよくても、内定を勝ち取る力がなければ
企業から内定が出ないのは当然のことです。

そして、内定を勝ち取る力というのは、「将来をつかみ取る力」でもあります。
この力は、就職活動にだけ通用するような小手先テクニックではなく、

将来にも役に立つ本物の力だからです。

それはあなたが将来部下となる人間を採用する時や、自分が転職をする際にも
役に立つでしょう。


無理矢理行なう自己分析や、面接で話す内容の暗記など、拷問にも感じられる就職活動。
そういった苦しみから、早くあなたに卒業していただきたいと思います。

長くなりましたが、最後までお読み頂きありがとうございました。




  今なら半額!特別限定価格で!
  「勝ち組学生の“スゴイ内定術”」全ページカ ラー
 PDFデータ版(A4サイズ)or [冊子+DVD]版
※ワークショップ・豪華特典のプレゼントは本編に
 簡単な受け取り方法が記載されています。

スゴイ内定術のお申し込

みはコチラ

  ※[冊子+DVD]版には、送 料事務手数料が2,400円かかります。
  ※本商品は、各種クレジットカード 決済、コンビニ決済、銀行・郵便局の振込み、代引き決済(お問い合わせフォーム利用)など、各種お支払方法に対応しております 。


電話でのご注文

追伸1

今回のマニュアルは人数を150名限定とさせていただく予定です。
理由は、「情報の秘匿性を維持するため」と、「ワークショップなどの質を維持するため」です。

なかなか起きないとは思いますが、例えばグループ型選考における必勝法など、
まったく同じ戦略で同じやり方をすれば、「かぶる」要素がゼロだとは言い切れません
(グループ内で二人でトップ1,2を取ればいいだけの話ではありますが・・・)


だからこそ、今あなたに最高の条件でこのマニュアルを使っていただくため
人数を限定させていただく点、ご理解頂ければ幸いです。


以降の販売についてはまだ分かりませんが、
これより良い条件には絶対にならないことは保証します。

このページが露出されている今、お申し込み頂いた方のみ、
確実に手に入れる事ができます。



追伸2

このノウハウは、採用する企業の視点を解説し、選考の意図やチェックしているポイントなど、
企業として本当は学生に知られたくない」内容をかなり盛り込んでいます。

先着100名様限定ですが、特典として

“実際にトップクラス企業が新卒採用の際に使っている面接シートやグループ選考の評定表”
などもお渡ししますが、そういった内容もその一部だと言えます。

このように、企業のイタイところをたくさん突いているため

私の元クライアント以外の企業からのバッシングや嫌がらせにより、
当ページを予告なしに閉じなければならない事態も一応覚悟しております。


これは考えられる最悪のケースではありますが、情報の秘匿性が高いこともあり、
万が一そういった事態になりましたら、予告なしにページを閉じますので予めご了承ください。


代金引換郵便をご希望の方は、こちらをクリック

追伸3

人生をだいたい80年と仮定した時、
その中でもいわゆる「節目」となる重要なポイントがいくつかあると思います。

その節目節目でいい結果を出せる人の方が
幸せな人生を歩める可能性が高いことは間違いありません。


就職活動と今向き合っているあなたに最後にお聞きします。

「今、あなたはそういった人生の節目に当たるポイントに立っていますか?」


もし、今がまさに、あなたの今後の人生における勝負所であると感じているのでしたら、
最後にひとつだけアドバイスします。

是非、全力で勝負し、やれることを全てやり尽くしてください。


理由は簡単です。
勝負所で全力を尽くさなかったら、のちのちまで後悔が残るからです。

結果の良し悪しは関係ありません。一般的に見ればいい結果を出したとしても、
あなたがやり尽くしてないと思っていたら、あなたの中には不完全燃焼感が残ってしまうでしょう。


実は、就職活動を全力でやり切ったあなたが受け取るものは「内定」だけではありません
自分が勝負すべき所で全てをやり尽くし,結果を出したという「自尊心」も手にします。

これこそ、あなたが社会人になっても成功していくための、ひとつの武器となるものです。

この就職活動を通して、明るい将来を自分で築いていきたいあなたを、
私は本気で応援したいと思います。


既に内定を獲得した彼らのように、「勝ち組学生のスゴイ内定術」を手に入

れて、内定を決めたい方はこちらから
スゴイ内定術のお申し込

みはコチラ



公式メールマガジン『スゴイ内定術』無料
“内定”獲得の秘訣無料お申し込み
お名前
メール

※プライバシーは完全に保護され、
登録解除はいつでも可能です。

メールマガジン読者の感想は、
こちらで読めます。

“内定”獲得の秘訣無料お申し込み
内定獲得の秘訣